アタラキシアの
効率的PMO構築

ご相談・お問い合わせ

「IT人材が足りない」ことに対して「人材を探す(増員)」して、
解決を目指していませんか?!

少子化、円安という状況もあり、これからも人材不足は止まりません。
抜本的に組織のあり方を適正にすると生産性が劇的に上がります。

PMO構築

チェックの人員が足りないわけではなく、テスト人員が足りないわけでもない。
コミュニケーションの仕組みが悪かったのです。

我々はシステム開発における

コミュニケーション課題の解決企業です

たとえば、今のオフショア開発に不満なら

矢印

日本企業とベトナム企業の「真ん中」にITコミュニケーター派遣/支援

専属ITコミュニケーター

たとえば、日本側SEとオフショア子会社の効率改善なら

矢印

情報システム部とオフショア子会社の「真ん中」にPMO構築

PMO構築

たとえば、作業量が追いつかず手数を増やすなら

矢印

経営層と開発チームの「真ん中」にディレクションチーム立ち上げ

PMO構築

ベトナム企業とコミュニケーションを強化

参考価格

日本人
 

SE

28 万円/月

jp

日本に在住
ベトナム人

SE

40 万円/月

jp

ベトナム人
 

SE

35 万円/月

vn

ITコミュニケーターの資料請求はこちら

活用事例

事例1

会員制インドアゴルフ場を多数展開する企業FC担当者の声

会員制のどこでもインドアゴルフ練習ができるビジネスを展開しています。アプリを利用してFC加盟店同士のユーザー送客網を作るために相談をさせていただきました。アプリ制作会社に依頼しても既存の顧客データと連携できなかったり、システム会社で決済部分がわからなかったりするため、非IT部門の我々はやりたいことができずにいました。今回、手伝っていただいていることでユーザー視点での要望に技術面からもサポートしていただきビジネスをさらに加速させることができています。

事例2

IoTという時流に乗ることができた製造業様の声

国からの助成金を獲得し、燃料電池の充電と災害地利用を行うため、それらの機器をクラウドやスマホと連携したシステム企画提案から業者選定までを行ってもらいました。 業者探しも簡単ではなく、システム開発会社といってもWebシステムが得意な会社や組み込みシステムなどの基盤制御を行なっている会社など様々です。横断的な技術が必要な場合にはコンサルティングが必須だということがわかりました。

事例3

オンラインデータと小売データの連携で業務改善

どこに依頼してよいか分からないプロジェクトはすべて相談に乗ってもらっています。私はマーケティング専門にやってきたため、数字の扱いは慣れているのですが、そのデータをどのように収集できるのかをいつも助けてもらっています。 例えば、小売店舗で陳列による購買データを取りたい時にこれまでリアルデータとオンラインデータの結び付けができていませんでした。そこに私の知らない機器などを提案の上、アプリ制作会社と連携、機材導入から社員の操作説明まで一連を提案してくれます。

たとえば、既存システムと新規システムの連動など

「真ん中」に強い、システム開発なら