Posted on

ITコンサルをフル活用!ビジネスを鑑みた助言

コンサルティングの活用方法やどのコンサルティング会社を選ぶべきか迷っていませんか。

コンサルを効果活用して問題や課題を解決したり新たなシステム開発、新規事業成功に導くなど成果を得られる場合と得られない場合があります。

しかしせっかく依頼するならもちろん効果を得たいですよね。
そのためにはコンサルに関する簡単な知識を事前に持っておくことにこしたことはありません。

そこで今回はコンサル、特にITコンサルについて仕事内容やコンサル依頼で得られる効果やメリット、依頼するときの注意点に準備などご紹介します。

ぜひ参考にしてみてください。

コンサルという仕事

コンサルといっても業種や会社によっうて強みや特徴も異なります。

一言でいうとある分野についての深い知識と経験を持つ人材が多数在籍し、法人であるクライアントの課題解決のための相談と解決策を提供する仕事です。
より詳しくコンサルという仕事について改めて説明します。

種類

コンサルはアメリカが発祥であることからも日本では外資系ファームが特に進出してきました。
今でも海外スタイルの企業は多く存在します。

種類に関しては、経営サポートをメインとする戦略系コンサルやより深い専門知識を必要とするIT系コンサルや金融コンサルなどが存在します。

実はコンサルは例外もありますが資格などを必須としてないため他企業との差別化という意味でも誰でもコンサルできる内容よりかは専門分野に特化したコンサルは今後さらに増加していくでしょう。

仕事内容

メインは前述したクライアントの課題解決でそのために固定的な組織体系ではなくプロジェクト制で仕事をする場合が多いです。

まずは課題の種類や課題解決に必要な知識レベルなどに合わせて最適なコンサルタントを選抜します。
そして課題解決のプロジェクトが終了するとチームも解散するというわけです。

仕事内容の進め方としては、企画書作成や提案のためのヒアリングを通して現状把握を行います。
そしてコンサルの目的、内容、進め方を提案した企画書を提出します。
成功に導くためにより詳細なヒアリングと社内視聴の借用、資料調査等行った後は実際に課題解決のために考えられた案を実施し、フォローアップでレビューするという流れになります。

コンサル依頼のメリット&期待できること

まずはより良い形での問題解決を行えるということです。
もしかしたら今悩んでいるその問題はその企業が自力で解決をしようとしたらできるかもしれません。
しかしコンサルは問題や課題解決は最低限としてその上でさらにプラスになるようなアイデアをくれるかもしれません。
それは例えばコンサルタントのように専門知識を持ち合わせている人だからこそ提案できたり、第三者の目線だから気づくことのできるものであったりします。
その結果、問題や課題解決だけではなく企業にプラスの変革を起こすことができるということです。

そして中長期的な改善の結果の利益を受けられます。
そもそもコンサルタントはクライアントの将来的に望む姿、向かうべき方法を聞いてそれに合った組織や仕組みづくり、仕事のやり方等一定期間かけて改善していくのが基本です。

そしてコンサルタントにとってのゴールはコンサルタントがいなくても変革が継続すること。
したがって、一度コンサルタントと共に改善の動きを起こすとその恩恵も短気すぎないのは魅力ですね。

また、意外と考えたことがないかもしれませんがコンサルタントに社内の抵抗を受ける憎まれ役をやってもらうこともできます。
というのも、企業には様々な人間が在籍しています。
時代の流れに沿って変化させていくべきところはどんどん改革していくことに賛成の人もいれば、あまり意味がないように思えることでも伝統を守り続けようと考える人もいます。
どうしても現状維持を優先し変化を嫌う人は一定数いるため、「コンサルタントが提案している」という免罪符的に活用していくというのもアリかもしれません。

ITコンサルとは

数あるコンサルの種類の中でも今回はITコンサルについて取り上げます。
ここ数年のITブームとも比例し、需要がどんどん高くなっているITコンサル。
劇的な生産性向上、働き方改革を行うのであれば、DXをコンサルしてもらえるのが一番です。

そんなITコンサルの仕事内容を簡単に説明します。

仕事内容

どのITコンサルも共通しているといえるのは、主にクライアント先の業務などの課題を見つけ解決に向けたシステム設計を行います。
企業の得意とする領域によってはシステム構築や運用に関する指導を行うところもあります。

さらに中には、パッケージとして独自開発したソリューションの導入支援など他社との差別化・独立性図る企業も存在します。

コンサルへの依頼準備と注意点

コンサルに依頼する前の準備として課題点や問題点など明確にできるところははっきりしておくべきです。
もちろん自分達が意識していない部分の問題や課題など指摘するのもコンサルの役目ですが最初から放り投げでは取り掛かるのにも時間がかかります。
せっかくコンサルに費用も払っているのであればなるべく効率的に、効果的に活用するためにも最低限どんなことに悩んでいてどう解決していけたらいいのかは伝えられるようにしておきましょう。

そしていざコンサルに依頼すれば「後は任せておくだけ」なんていうのは間違いです。
例えば、せっかく依頼しているITコンサルに自分達でもできる資料を作らせるなど、指示したことしかやってくれないコンサルがいます。
そのようなコンサルはおそらく費用対効果も悪いので、自分達が苦手とする発想を実現するアイデアをもらうように活用するべきです。

また、プロジェクトの進捗などをPDCAで細かく分析し具体的に技術的側面を支援してもらうように伝えるのもいいでしょう。

システムエンジニアとの違い?

システムエンジニアとはクライアントが希望するシステムの開発を行うのが仕事です。
そんなシステムエンジニアは最近ではコンサルとの境目がなくなってきています。

コンサルタントは何度もいうようにクライアントの課題解決を行いますがそのためにヒアリングやどのシステムを導入すれば解決ができるのか提案も行います。
そしてその提案が承認されれば要望に沿ったシステムの開発をシステムエンジニアが行なっていくことになります。

しかし最初からシステムに詳しく実際に構築システムエンジニアが提案する案の方が期待以上のアイデアなこともあります。
つまり中間のコンサルタントがいなくともシステムエンジニアが一人二役をこなせるということですね。

ITコンサルのADK

実際に、「1番頼りになる社外のIT戦略部」を掲げる、AtaraxiaDXは専門知識を持ったシステムエンジニアがシステムに関する問題を包括的に解決します。

弊社は人材派遣会社、SESが中心のシステム会社、下請けメーカー、介護事業者、広告代理店などあらゆる業種でのDXの対応実績があります。
企業の中身もシステムに関することも気持ちや気合いで解決するのではなく仕組みで解決していくべきです。

前述したように経験と専門知識の両方を併せ持つシステムエンジニアが仕組みとしての解決策を考え、提案した方が全体を通してうまくいくことの方が多いです。
コンサルティングフローとして、まずはお気軽にzoomでのご相談や課題のヒアリングを通してADXのヒアリング担当者が社内に持ち帰りDXチームで話し合います。
そして解決策や対策、施策などをお伝えし経過観察、改善等を繰り返します。
事例は企業ホームページに詳しく掲載しているので気になる方はぜひ参考にしてみてください。

そして気になる料金プランも目的に合わせた3種類から選ぶことができ、無料体験をお試ししてから契約を決めるということも可能です。

指示したことしか作業してくれないコンサルや課題解決のためのソリューションがありすぎてどれを選ぶべきかわからないなどの悩みを抱えている方はぜひご相談ください。

非エンジニアが考えたデジタル化・DX化ではなく、専門知識の持つエンジニアがモバイル・ビックデータ・インターネット・センサー・AIなどのテクノロジーとローコード開発やオフショア開発などテクニックと組み合わせた最適な解決策を提案します。

まとめ

いかがでしたか。

今回は特にITコンサルについて簡単にご紹介しました。

コンサルに依頼しているからあとは必ず利益がでるとは限らず、コンサルタントに対しての向き合い方やそもそもの選定の段階も非常に重要だということがわかりました。

この記事を参考にしながら企業の悩みや状況から鑑みて最も適切なコンサルティング企業を探してみてください。