Posted on

コミュニケータ(Comtor)って何さ?!テスターを兼ねてくれることも


【NEWS】Japan IT Week 春2024(東京ビッグサイト)に出展します
4月24日(水)~26日(金)当日ご相談の予約はコチラ


グローバル開発の潤滑剤

コミュニケータ(Comtor)は、グローバルなソフトウェア開発プロジェクトにおいて、言語と文化の壁を越えたコミュニケーションを円滑に進める欠かせない存在です。IT技術用語に精通し、日本語と英語の双方を自在に操ることで、日本人チームとベトナム人チームの間に入り、正確な意思疎通を可能にします。

優秀なエンジニアでさえ、言語の違いによって生じるコミュニケーションギャップが原因で、開発作業に遅れが生じたり、品質が低下したりする危険性があります。例えば、日本語の指示を英語に翻訳する際、技術用語の微妙なニュアンスが失われ、本来の意図と異なる実装がなされてしまう可能性があるのです。

そこでコミュニケータが介在し、言語と文化の両面から正確な通訳と翻訳を行うことで、このようなリスクを回避することができます。コミュニケータは単に言葉を置き換えるだけでなく、その背景にある文化的コンテクストを深く理解し、双方の意図を正しく伝達する役割を担います。

さらに、言語の違いだけでなく、文化的価値観の違いから生じるコミュニケーションギャップにも対処します。例えば、日本の組織文化では上意下達の階層構造が重視される一方で、ベトナムでは平等主義が尊ばれる傾向があります。こうした文化的ギャップから、ベトナム人エンジニアがリーダーの指示を無視してしまうといった事態が起こりかねません。

そのような場合、コミュニケータが双方の文化的背景を説明し、互いの立場を理解させることで、スムーズなコミュニケーションを実現します。このように、言葉の壁だけでなく、価値観や習慣の違いから生じる文化的な隔たりにも対処することが、コミュニケータの重要な役割なのです。

テクノロジーの翻訳者

コミュニケータと似た役割のブリッジSE(ブリッジエンジニア)というポジションがありますが、ブリッジSEは、大規模で複雑なソフトウェアプロジェクトにおいて欠かすことのできない存在です。高度な技術力と言語力を兼ね備えることで、異なる技術領域間の溝を埋め、スムーズな連携を実現するのがその役割です。

プログラミングスキルに長け、最新の技術動向にも精通しているブリッジSEは、異なる技術スタックやフレームワークを用いるチーム間で生じるコミュニケーションの課題に対処します。たとえば、システムAと互換性のないシステムBの統合が必要となった場合、ブリッジSEが両者の仕様を理解した上で、技術的な調停を行い、インターフェースの設計や実装を主導します。

また、新システムと旧システムの間でデータ移行が必要な場合も、対象システムの技術的な側面を熟知したブリッジSEが、適切な移行手順を立案し、実行することになります。単にデータを移すだけでなく、システム間の技術的な違いから生じる問題にも対処する必要があるためです。

さらに、大規模プロジェクトでは、多数のサブシステムを統合することが求められます。ブリッジSEは全体設計を俯瞰し、各サブシステム間の技術的な相互運用性を確保するよう調整を図ります。そのため、システム全体の設計フェーズから関与し、システム間のインターフェース設計に携わることが重要な役割となります。

このように、ブリッジSEは単なる言語の通訳を超えて、高度な技術力を駆使しながら、プロジェクト全体の技術的な側面を統合・調整する役割を担っているのです。

ビジネスと技術の通訳者

コミュニケータは、ビジネス部門と技術部門の間に立ち、双方向のコミュニケーションを円滑に行う役割を担っています。単に言葉を置き換えるだけでなく、お互いの立場に立って情報を正しく解釈し、適切に伝達することが求められます。

IT業界では、ビジネス要件を正しく技術要件に落とし込めるかどうかが、プロジェクトの成否を分けるカギとなります。開発チームがユーザーの本当のニーズを誤解してしまえば、結果として満足のいくシステムを構築できません。しかし、ビジネス部門とエンジニアリング部門では、使用する専門用語が全く異なるため、お互いに正しくコミュニケーションを取ることが難しい場合があります。

このギャップを埋めるのがコミュニケータの役割です。マーケティング部門から新機能の要求があれば、コミュニケータがそれを正しく理解した上で、開発チームが分かりやすい技術用語に翻訳して伝えます。逆に、エンジニアリング部門からのフィードバックや制約事項は、ビジネス側が理解できる一般用語に直して説明を行います。

このように、ビジネスと技術の両者の言語を自在に操ることで、お互いの本当の意図やニーズを正しく伝達し、誤解を防ぐことができるのです。コミュニケータの存在により、プロジェクトの進捗が円滑になり、ビジネス要求と技術要件のずれを最小限に抑えることが可能になります。また、ビジネス部門と技術部門との橋渡しを行い、双方の理解を促進し、ビジネスニーズと技術的な要件を理解できるため、BA(ビジネスアナリスト)といったPMを補佐するポジションで活躍することも多くあります。

グローバル化における貴重な人材

グローバル化が進展する中、多様な文化的背景を持つ人々が協働して業務を遂行することが不可欠となっています。しかし、単に言語が異なるだけでなく、文化による価値観の違いも大きな障壁となり得ます。こうした文化的ギャップを乗り越えるためには、高い言語力と文化理解力を兼ね備えたコミュニケータの存在が欠かせません。

例えば、日本の組織文化では上意下達の階層構造が重視される一方で、ベトナムでは平等主義が尊重される傾向があります。そのため、上司の指示を無条件で受け入れることを当然とする日本人エンジニアと、フラットな組織文化に慣れたベトナム人エンジニアとの間でコミュニケーション上の行き違いが生じかねません。

このような文化的な隔たりを認識し、お互いの立場を説明することで、円滑なコミュニケーションを実現するのがコミュニケータの役割です。単に言葉を通訳・翻訳するだけでなく、その背景にある価値観の違いを理解し、お互いに配慮できるよう橋渡しを行うのです。

さらに、働き方や生活様式における文化の違いにも注目が必要です。ベトナムでは家族との絆を重んじ、残業を避ける傾向がある一方、日本では長時間労働が当たり前視されがちです。コミュニケータはこうした文化的な特性を踏まえ、お互いの生活スタイルを尊重しながら、業務の円滑な遂行につなげていく調整役を担います。

このようにコミュニケータは、単なる言語の垣根を越えるだけでなく、文化的価値観の違いからくるギャップにも対処し、お互いを理解した上で望ましい協働関係を構築することが期待されているのです。

まとめ

ベトナムオフショア開発において、コミュニケータは非常に重要な存在です。効果的なオフショア開発を実現するためには必要不可欠です。また、ビジネスアナリストというテスターまでの能力を兼ね備えたコミュニケータの活躍が期待されます。

今後、ますます重要になってくるコミュニケータの支援と派遣なら、コミュニケーションを専門としているアタラキシアDX株式会社へご相談ください。


【NEWS】Japan IT Week 春2024(東京ビッグサイト)に出展します
4月24日(水)~26日(金)当日ご相談の予約はコチラ